相続税の概要

相続税とは?

相続税とは、お亡くなりになった方(被相続人様)が築いた財産に課税される税金のことをいいます。財産の額によって、相続税の申告が必要かどうか、またどのような申告をするのかが変わってきます。相続税申告には期限があり、「相続開始日(お亡くなりになった日)から10か月以内に行わなくてはなりません。

 

相続税がかかる場合

財産の合計額が以下の基礎控除額を超える場合、相続税の申告が必要になります。

3,000万円+600万円×法定相続人(相続する権利のある人)の人数

平成30年中に亡くなられた方は約136万人、このうち相続税の課税対象となった方は約11万6千人で、8.5%の方が相続税の課税対象になっています。